投資

ミニマリストが節約術を極めたら、月5万円で生活できていた件【家賃込み】

こんにちは!移住企業家のトウマです!

昨今のコロナ自粛で収入がガクッと下がり、支出を見直して生活していました。

すると気付けば月5万円で生活できていました

再現性の高い部分で皆さまにおすすめしたいポイントは

格安sim(筆者は現在楽天モバイルユーザーです)と新電力です。

ミニマムすぎる筆者の節約術を伝授します!

こんな人が書いています↓

筆者
元銀行員の経営者。節約と貯金のプロ。自称ミニマリストで家具が全然ない。

 

 

順番に見ていきましょう!

1. 【スマホ代】格安simで月1000円台!?

筆者は楽天モバイルを利用しています!

まずは直近の請求画面を見てみましょう。

楽天モバイル利用明細

楽天モバイル利用明細

 

楽天モバイルにかえて半年程度ですが、毎月1100円~1400円程度です。

ここまで安い理由は、キャリア参入前の料金プランで申し込んでいたからです。
以前の料金プランでは、最初の1年間楽天ゴールド会員は基本料金が980円でした。
筆者は自身が経営するバーの仕入れを、一部楽天で購入しています。
そのおかげで楽天ゴールド会員がキープできているため、ポイントを貯めながらスマホ代も安くすることができています。

 

今はUN-LIMITという新たなプランに変更されました。

発表当初は批判の方が多いプラン内容でしたが、大幅に改定され、十分おすすめできる内容に変わりました。

ポイントは

【300万名対象】
・楽天回線エリアなら一年間無料でギガ使い放題
・au回線も一年間無料で月2ギガ使える
・契約縛り期間なし、契約解除料なし
・国内通話かけ放題
・楽天市場の買い物でもらえるポイントが+1倍増える

データ通信が心配ならWi-Fiを別で契約しても十分安いです!

すでにWi-Fiをお持ちの方には特におすすめ!

縛り期間なし、契約解除料も無料なので、まずは1年間試されてみるのもアリですよね。

ちなみに本体代も実質半額です。

筆者
個人的にはこの料金でテザリングが無料で使えるのも嬉しい

現在大手キャリアを使われている方は、年間10万円の節約も夢じゃないです!

10万円浮いたら旅行行けちゃうよ

詳しくはこちらをご覧ください↓



筆者
ちなみに筆者はもともと更新期間のたびに、携帯会社を変えるタイプです。
乗り換えを繰り返した方が、確実に安くなります。

スマホ代 1300円

2.【水道光熱費】おすすめの新電力!

電気代

電気代 1105円

電気代明細(しわしわですみません...)

前の家の時は1000円超えることほとんどなかったんですが、去年今の家に引っ越してからは毎月このくらいですね。

なぜこんなに安いのかというと、実はうちには洗濯機とドライヤーと扇風機しか電化製品がありません(笑)

その分待機電力がかからないんです。

でもそれができているのは、家から3分くらいのところに自分の店があって、ぶっちゃけると店を台所代わりに使えるからです。

店の電気代は高い時で3万円程度かかります。(※経費です)

 

そうなると大切なのが、新電力

電力会社は電力自由化によって、好きな会社に切り替えられるようになりました!

もちろん工事は不必要、支払い方法も変わらず、電気の質や安全面も問題ありません

切り替えるだけで大体、年間で1か月分くらい安くなります

数社調べたり、契約を変えて試したりしてきましたが、まず幅広く皆さまにおすすめしたいのがLooopでんき。

なんとLooopでんきは基本料金が無料!

まずは無料の見積もりから、試されてみてください!


ココがポイント

・解約手数料、違約金ともに0円
・24時間、WEBからいつでも申込みが可能
・電力会社の送電網を使うので、電気の品質・信頼性は今まで通り

 

そしてうちの店舗でも使っていますが、事業者、法人におすすめしたいのがハルエネでんき

使えば使うほどお得になる料金システムが人気です。

飲食店や美容院、自社ビルや工場をお持ちの企業には特におすすめ!

電気料金の大幅カットが見込めます。

筆者
当店は年間3万円ほど安くなりました

 

安くなるのはわかったけど、いろいろ比較して決めたいな...
筆者
電気チョイスで比較できるよ!ぴったりの電力会社を探そう!


今ならキャッシュバック付き!?どこまでお得なんだ...

ガス代

温水器 4181円

温水器 明細

うちは温水器でお湯を沸かすので、ガス代が掛かりません。

その代わりに動力代(電気代)が月平均4000円程度かかっています。

季節による増減は数百円程度。

ガスって冬場にはね上がって驚くことが多いので、これもありがたい。

ガス代って意外と高いよね
筆者
実はガスも電力と同じように自由化されてるって知ってた?
場合によっては切り替えるだけですっごく安くなるんだよ!



プロパンガスの自由化は業界の構造上、あまり一般的に知られていません。

しかし切り替えるだけで年間5万円以上安くなる場合もあり、メリットは非常に大きいです。

まずは見直しだけでもされてみてください!

賃貸物件の方、都市ガスをご利用の方は切り替えができないのでお気をつけください。
持ち家の方には本当におすすめです!

水道代

水道代 4456円(2か月分)

水道代 明細

水道代は月2000円程度。

湯舟をためないのと、台所を使わないので少し安いかな?

水道光熱費 月7000円程度

 

3.【食費】節約するなら毎日自炊!

実は筆者は一日一食生活なんですよね。

毎日仕事前(夕方)にお米を3合食べてます。(マジで)

おかずは200円くらいの鶏肉か豚肉を適当な野菜と炒めたり、が多いです。

もともとはほとんど外食だったんですが、自粛ムードになってからは毎日自炊を続けています。

ただ最近のレトルトカレーはめちゃくちゃレベルが高くて助かってます。

最近食べたカレーではこの辺りがおすすめです。

 

基本的に一日300円ペースを守るようにしているので300円×31日と、たまにちょっとオーバーしたとしても10000円で収まりますね。

筆者
正直言うと筆者の場合は「お客さんがご飯を食べさせてくれる」イベントが週に2回ほど発生するので全然10000円もかかってません...

食費 多く見積もって10000円

 

4.【家賃+消耗品】実はあった裏技...

家賃

筆者は現在、九州の田舎の方に住んでいます。

とにかく物価、固定費の安さが魅力的です。

雇われている方は平均月収も他所と比べると安いですが...

 

本題に戻ると、筆者は家賃30000円で分譲マンションに住んでいます。(築40年くらいですが)

知り合いの方が40年近く前に購入したけど結局誰も住んでいなかった部屋で、その方から直接格安で借りています。

初期費用、更新料も無料、立地もよくて、間取りは当時多かったらしい2DK(2部屋+キッチン)、4階の角部屋です。もちろんエレベーター付き。

築年数は古いですが、筆者が入居時にリフォームしてくれたので全然気になりません。

物件探しって実は不動産を通さずに、家主と直接交渉できればめちゃくちゃ良い条件で借りられることが多いんです。

筆者
前住んでた家は立地良くて5階で18000円でした。
いろいろ大変だったけど(笑)

部屋を探すときは、まずはいろんな人に当たってみるのがおすすめです!

身近に経営者がいれば、そのネットワークで見つかることが多いです。

再現性は低いかもしれませんが、こういう手段もあるということだけお伝えします。

消耗品

消耗品はうちは台所を使わないのでテッシュ、トイレットペーパー、洗濯用洗剤、お風呂用品くらいです。

どれも頻繁にはなくならないので、月1000円も使っていません。

正直この項は特筆すべきことがないんですが、しいて言うならドラッグストアの店長と仲良くなると、わりと大手でもちょっと安くしてくれたり試供品がいっぱいもらえます...

これはナイショです(笑)

家賃 30000万円
消耗品 多く見積もって1000円

5.【趣味】田舎移住のメリット?

筆者はお金のかかる趣味ないんですよね。

趣味といえばギターを弾いたり、最近は暇さえあればTwitterかブログ

お酒は仕事で飲むからプライベートでは飲まないし、たばこも吸いません

本は月に2冊ほど買いますが、いつも楽天のポイントで買ってます。

これらでお金がかかるといえば、たまにギターの弦を替えるくらい(※数百円)

 

一年ほどいけばな教室に通っていたんですが、自粛ムードと収入減で3月から行ってません。

教室は月3回で8000円でしたが経費で落とせるし、先生や生徒さんたちがよく店に飲みに来てくれていたので逆にプラスでした。

 

筆者
経営をしていると、何が営業になるのかわからないのもおもしろいんです。
常に自店、自社の看板を背負って動いているという意識を持つのも大切だなと感じます。

 

加えて、これは節約という意味で田舎移住のメリットとして、

  • 田舎に住むと固定費が下がる
  • 娯楽がほとんどないので勝手にお金が貯まる
  • 人間関係が一旦リセットされ、付き合いや飲み会がなくなる

といったことが挙げられます。

ある意味デメリットにもなりますが、これらの要因も節約につながっています


さいごに

まとめてみましょう!

スマホ代 1300円
電気代 1000円
+動力 4000円
水道代 2000円
家賃 30000円
食費 10000円
消耗品 1000円 /計49300円

ざっくりとした計算ですが、50000円以内に収まりました!

 

以前支出について、ある経営者に言われた言葉が印象に残っています。

「1000万円の投資は惜しまず、1枚のコピー用紙をケチるのが経営者だ。」

 

稼いでいる人ほど、浪費や消費に細かいイメージがあります。

特に毎月の固定費にはこだわりましょう。

格安simに替えただけで年間10万円も節約できるかもしれないのです!

この記事を見て、節約について考えるきっかけになれば幸いです!

 

-投資
-,

Copyright© トウマ blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.